パソコン処分・廃棄・回収完全無料サービス実施中!壊れていてもOK! ヤマダ会員様ならさらに!ヤマダポイント200ptプレゼント ISMSを取得した安心安全な事業所でデータ消去・物理破壊を行っております。 パソコン処分・廃棄・回収完全無料サービス実施中!壊れていてもOK! ヤマダ会員様ならさらに!ヤマダポイント200ptプレゼント

パソコン処分・廃棄・回収完全無料サービス実施中!
壊れていてもOK!

パソコン処分 ・廃棄時の
データ消去について

パソコンのハードディスク(HDD)に記録されたデータを適正に消去する方法をご存じでしょうか。ゴミ箱を空にしたり、初期化やフォーマットすれば一見データは消えたかのように見えますが、データ自体はHDDに残ったままなので専用ソフトウェアで復元できてしまいます。つまり、これらの対応では不十分ですので適正なデータ消去方法を実行する必要があります。
本ページでは個人情報の流出・漏洩による様々なリスクや、適正なデータ消去方法などについてご紹介いたします。

インバースネットに届くすべてのパソコンは速やかに適正なデータ消去(または物理的破壊)を行っておりますが、万が一の輸送中の事故による個人情報の流出・漏洩の可能性も考えられるため、あらかじめお客様の責任においてデータ消去してからパソコンをお送りいただくようお願いしております。

パソコン無料回収・処分・廃棄お申込み(さらにヤマダポイント200ptプレゼント)無料回収・引取・廃棄・処分お申込み!ヤマダポイント200ptもらえる!

データ消去の必要性について

パソコンのハードディスクには
たくさんの個人情報

パソコンを回収・廃棄する場合は必ずデータ消去を行い、個人情報が流出・漏洩してしまうリスクを防ぎましょう。
「重要な情報はないだろう」という思い込みは危険です。普段何気なく使用しているパソコンには、下記のような個人情報が詰まっています。

個人情報の一例

個人情報の一例
  • ・名前、性別、年齢、生年月日、住所、メールアドレス、電話番号など
  • ・クレジットカード情報、口座情報など金融情報
  • ・写真や動画など画像
  • ・閲覧ページの履歴
  • ・オンラインショッピングの購入履歴
  • ・趣味嗜好
  • ・ID、パスワード
  • ・メールデータ など

個人情報流出・漏洩のリスク

では、これらの個人情報が流出・漏洩してしまうとどのようなリスクがあるのでしょうか。個人情報流出・漏洩のリスクを一部ご紹介いたします。

個人情報流出・漏洩リスクの一例

個人情報流出・漏洩リスクの一例
  • ・クレジットカード、ID、パスワードなどの不正利用による金銭的な被害
  • ・大量の迷惑メールや勧誘電話の被害
  • ・ストーカー被害
  • ・振り込め詐欺などの悪用、二次被害
  • ・SNSアカウントの乗っ取りやなりすまし被害 … など

パソコンのデータは初期化では消せない

パソコンをフォーマットや初期化すれば、工場の出荷状態に戻るのでデータ消去できたかのように思えますが、実はフォーマット、初期化しただけではデータは完全には消えず、復元・リカバリーできてしまいます。

フォーマット

「フォーマット(format)」とは「初期化」と言う意味で、OSにファイルを読み書き作業ができる初期状態にすることです。

初期化

ハードウェアやソフトウェアを最初の状態に戻すこと。または、すぐに使える状態にすることです。

リカバリー

破損したデータやハードウェアなどを復旧すること。障害回復、または単に回復とも呼びます。

データ消去

HDDに保存された情報を復元・リカバリー出来ないようデータを破棄すること。データ消去するには、専用ソフトウェアやサービスを利用するほか、ハードディスク上のデータを物理的・磁気的に破壊する方法があります。

自分でデータを消去する方法

パソコンのデータ消去方法は「専用ソフトウェアによるデータ消去」「ハードディスクの物理的破壊」「強磁気をかけて消す」の3つの方法があります。
電磁消去には特殊の装置が必要となりますので、ご家庭でデータ消去する場合は専用ソフトウェアの使用か、ハードディスク物理的破壊のどちらかになるかと思います。

専用ソフトウェアによるデータ消去 強磁気をかけて消す ハードディスクの物理的破壊

パソコンが起動する場合は
「データ消去ソフト」

パソコンが起動する場合は、データを上書きする方法で消去する専用ソフトウェアを利用することが可能です。
パソコン各メーカーがデータ消去プログラムを提供していたり、ネット上には無償のデータ消去ソフトウェアもあったりしますので、お客様のパソコンに対応しているか、データ消去の範囲や方法などご確認の上、お客様の責任でご利用ください。
ただ、データ消去ソフトウェアを利用してのデータ消去は難易度が高いと感じる方、自分でデータ消去してみたけれども不安な方は、回収・処分時にデータ消去を行っているインバースネットのような業者に頼みましょう。

専用ソフトウェアによるデータ消去

パソコンが壊れているなどでデータ
消去できない場合は「物理的破壊」

パソコンが壊れていても、ハードディスクが壊れていない場合もあります。ハードディスクが正常に機能する場合は、他の稼働可能なパソコンにハードディスクを接続してデータ消去ソフトを利用することも可能です。
ハードディスクも壊れており、専用ソフトウェアでのデータ消去が困難な場合は、ハードディスク(HDD/SSD)を抜き取りましょう。
ただ、パソコンを分解しなくてはなりませんので、分解に不安がある方は無理に取り出そうとせず、回収・処分時にデータ消去を行っているインバースネットのような業者に頼みましょう。

ハードディスクの物理的破壊
パソコン無料回収・処分・廃棄お申込み(さらにヤマダポイント200ptプレゼント)無料回収・引取・廃棄・処分お申込み!ヤマダポイント200ptもらえる!

パソコン無料処分・廃棄サービスの
データ消去方法

インバースネットに届いたすべてのパソコンは速やかにデータ消去されます。データ消去に自信がない方もご安心ください。米国国立標準技術研究所(NIST)セキュリティガイドラインに準拠した最新のデータ消去方式でデータの消去を行っております。
また、壊れていてデータ消去ができない場合、ハードディスクは物理的に破壊し処分いたします。
※データ消去証明書等の発行はおこなっておりませんので、予めご了承ください。

米国国立標準技術研究所(NIST)セキュリティガイドラインに準拠した最新のデータ消去方式でデータの消去または物理的破壊

ISMSを取得した事務所での
データ消去・物理的破壊

インバースネットではISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を取得した事業所でデータ消去(または物理的破壊)を行っております。インバースネットが取扱う情報資産の保護を確実なものとし、お客様に安心して利用いただけるサービスの提供を継続してまいります。
※インバースネットに届いたパソコンなどのデータは、速やかに廃棄・処分、消去されます。インバースネットに到着してからのデータの保存、返還はいたしかねます。大切な情報はお客様ご自身で、バックアップしてからお送りください。

インバースネットはISMSを取得

ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)とは

ISMSは、国際規格(ISO27001)で情報セキュリティマネジメントシステムと呼ばれています。
また、情報セキュリティリスクに対処するため、包括的なセキュリティ管理体制を構築・監査し、継続的に運用していくためのマネージメント体系のことを指します。
日本では、ISMSを認定する制度として2002年より「ISMS適合性評価制度」を導入し、日本情報処理開発協会(JIPDEC)が中心になって正式運用しています。

パソコン無料処分の流れはこちら

パソコン無料回収・処分・廃棄お申込み(さらにヤマダポイント200ptプレゼント) 無料回収・引取・廃棄・処分お申込み!ヤマダポイント200ptもらえる!

パソコンが適正に廃棄・処分から
リユース・リサイクルされるまで

インバースネットが無料回収・処分サービスをご提供できるのには、理由があります。
インバースネットではお客様から不要になったパソコンを回収し、パソコンとしてリユースできるものは整備して再び販売しているからです。
一方リユースできないものは解体してパーツや部品、部材などに再利用したり、リサイクル・再資源化することで事業活動を通じて循環社会構築に貢献しております。また素材として活かせないものは、 法令を遵守し産業廃棄物として 適正に処理しております。

廃棄・処分パソコンの回収

全国から回収された廃棄・処分パソコンは、万全のセキュリティ・徹底した管理体制の自社工場に持ち込まれます。

廃棄・処分パソコンの回収

廃棄・処分パソコンのデータ消去

全製品のスペック、状態をデータベース化し、基幹システムで管理します。この際、HDDは米国国防総省規格に準拠したデータ消去を行い、壊れて消去できないHDDは物理破壊します。

廃棄・処分パソコンのデータ消去

廃棄・処分パソコンを検品

通電し細部に至るまで、スぺックや外観、表示状態を確認します。

廃棄・処分パソコンを検品

廃棄・処分パソコンを
リユース・リサイクル

再利用できる場合最終動作確認および、商品によってはOSやドライバなどのインストールを行います。1台1台丁寧にクリーニングを行い、廃棄・処分に出されたパソコンは新品当時の輝きを取り戻します。
その後、当社小売店舗・WEB店舗・ヤマダデンキ各店(パソコン取扱店舗)で販売し、再利用できない場合再商品化できないパソコンは当社工場にて手作業で解体を行います。
手作業で解体したものは、品目または素材ごとに選別し保管、この手解体で得られる再利用できる部品はリユース(再商品化)の補修用となったり、中古パーツとして販売いたします。
また、パーツとして再利用できないものは、更に解体し素材ごとに選別しリサイクルを進めます。但し、素材として活かせないものは、法令を遵守し産業廃棄物として適正に処理しております。

廃棄・処分パソコンをリユース・リサイクル

データ消去に関するよくある質問

データ消去はインバースネットでも実施してくれるのでしょうか。

インバースネットに届くすべてのパソコンは、徹底したセキュリティ管理のもと速やかにデータ消去(または物理的破壊)を行っております。
※万が一の輸送中の事故による個人情報の流出・漏洩の危険性も考えられますので、あらかじめお客様の責任においてデータ消去してからパソコンをお送りいただくようお願い致します。

パソコンのデータ消去のみ依頼する事はできますか。

申し訳ございませんが、データ消去のみ及び消去後の返送対応などのサービスはおこなっておりません。

データ消去の証明書は発行してくれますか。

申し訳ございませんが、データ消去証明書等は発行しておりません。ISMSに基づき、インバースネットに着荷した機器につきましては、速やかにデータ消去もしくは物理破壊しておりますのでご安心ください。

パソコン無料回収・処分・廃棄お申込み(さらにヤマダポイント200ptプレゼント)無料回収・引取・廃棄・処分お申込み!ヤマダポイント200ptもらえる!

パソコン無料処分・廃棄の流れ

壊れてしまったパソコンを
無料廃棄・処分いたします!!

不要になったパソコン
処分・廃棄に困っていませんか?

不要になったパソコン、処分・廃棄に困っていませんか?

いざ処分しようにも費用がかかる、色々手続きが面倒、
ちゃんと処分されているか、データが漏えいしないか不安…などといった
不安から、なかなか処分に踏み込めない方もいらっしゃるかと思います。
インバースネットPC無料処分サービスは、上記のような心配は不要です!

パソコン無料処分・廃棄サービス
対象の一例

  • ・OSが起動しないパソコン
  • ・HDDが破損しているパソコン
  • ・型式が古いパソコン
  • ・NECや富士通など国内メーカーでは無いパソコン
  • ・壊れた自作パソコンなど

メーカーなどでパソコンの廃棄・処分サービスを利用すると、リサイクル料や廃棄料がかかる場合があります。 インバースネットでは、お品物を送っていただく際に発生する送料・パソコン廃棄・処分にかかる費用は一切かかりません。 完全無料でパソコンを処分していただけます。

インバースネットのパソコン
無料処分・廃棄サービスはここがポイント

  • パソコン限定!
    壊れたパソコン・古型や自作パソコンもOK!

    パソコンに限り、壊れたPC・古型PC・自作PCでもOK!
  • 送料・処分費や、
    リサイクル料金も
    全て完全無料!

    送料・処分費無料!一切かかりません!
  • 無料処分対象の
    パソコンを梱包して
    送るだけで簡単!

    買取成立でヤマダポイント進呈!
  • さらに!
    ヤマダポイント
    200ptがもらえる!

    さらにヤマダポイント200ポイントがもれなくもらえる!

※沖縄・離島からのお申込みは受け付けておりません。

リサイクル料金を払うより、
かんたんお得にパソコン処分!

身分証明書など書類も一切不要!
たったの2ステップで完了します!

①処分パソコンの発送
①処分パソコンの発送

佐川急便をご利用し、着払い(送料無料)でお送りください。

詳しくはこちら
②お申込み
②お申込み

パソコンを発送後、フォームからお申込みください。

お申込みはこちら
ヤマダポイント進呈
ヤマダポイント進呈

処分パソコン到着確認後にヤマダポイントを進呈いたします。

詳しくはこちら
パソコン無料回収・処分・廃棄お申込み(さらにヤマダポイント200ptプレゼント)無料回収・引取・廃棄・処分お申込み!ヤマダポイント200ptもらえる!

パソコン無料処分・回収は
全国対応!※沖縄・離島は除く